Restaurants

サラベス

サラベス

“ニューヨークの朝食の女王”

「サラベス」は、Sarabeth Levine(サラベス・レヴィーン)が1981年ニューヨークのアッパーウェストに1号店をオープン以来、常に味に敏感なニューヨーカーを満足させ続けている人気レストラン。
多くのセレブリティを顧客に抱えていることでも知られ、また、2010年公開のメリル・ストリープ主演の人気映画「恋するベーカリー」において、調理技術指導および店舗での撮影協力にかかわったことでも有名です。
サラベスが創り出す、NYで大人気のテイストを、ここ日本でお楽しみ頂けます。

一日を通してお楽しみいただける朝食メニューへのこだわり

サラベスが今も昔と変らず愛情を込めて作るアメリカンクラッシックのテイストはアメリカ国内のみならず世界中のグルメの心まで満たしています。レストラン格付けガイドブックザガット・サーベイでは「ニューヨークNO.1デザートレストラン」にも選出され、「New York Magazine」は“文句なしのニューヨークの朝食の女王”と賛美。サラベスが作り出すメニューの数々は、アメリカンドリームのサクセスストーリーとともに、グルメの“マスト”アイテムとして確固たる地位を築いています。そんなサラベスのメニューを代表するのが「フレンチトースト」、「リコッタパンケーキ」、「パンプキンワッフル」、「クリームトマトスープ」。ヘルシー&リッチなテイストは、まさに女王の名を象徴する一品となっています。

	サラベスの名を世界中に広めた“フルーツスプレッド”

1980年の商品化以来、常に数々のコンテストで入賞し続けているのが、サラベス家に1780年から伝わるレシピを忠実に再現し、旬の果物を手で丁寧にカットし、香りや果肉を大切に愛情を込めて作られたフルーツスプレッド。ヘルシー&リッチな味わい、くせのない上品な味は、あきることなく、至福感とともに次世代に伝えたい世界の逸品です。
サラベスが今も昔と変らず愛情を込めて作るアメリカンクラッシックのテイストメニューのキーにもなっており、彼女が「ニューヨークの朝食の女王」の名をほしいままにしている所以でもあります。
レストランでは、メニューのご提供に加えて、このフルーツスプレッド各種も販売いたします。

店舗一覧